ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

s24-105mm/4macro

今回は私のメインシステムであるPanasonic Sシリーズの中核レンズとして活躍しているLUMIX S 24-105mm/F4 MACROだ。

名前からも分かる様に、このレンズの最大の特徴はマクロ機能が付いていることだ。
マクロモードに切り替えて・・・というわけではない。
そのままの使用でマクロ的撮影が可能となるのだ。

寄れるレンズ好きとしては最強のレンズである。
しかも標準域を含んでいる4倍強のズームレンズだ。
明るさ不変のF4通しというのも申し分ない。発売時は両手を振って喜んだ。

サイズはφ84x118mmとカップヌードルほどの大きさだ。
重量は680gと標準的。

フィルター系は77mm。
ズームリングはワイド端でレンズ全長が最短、テレ端で鏡胴が45mmほど伸びる。

鏡胴はプラスチックだが、梨地様のシボ加工がされており高級感がある。
ズームリング、ピントリングはゴムローレットで適度な抵抗感がスバラシイ。
レンズロック機構が付いているが、自重で鏡胴が伸びることはない。

s24-105mm/macro

絞り羽根は円形仕様で9枚。

最短撮影距離は30cm、105mm域だとワーキングディスタンスは10cm強ほど。
最大撮影倍率は0.5倍で、要はハーフマクロレンズとしても活用可能と言うことだ。

レンズには手ぶれ防止機構が付属している。
ボディとシンクロさせると公称では防振機構は6段になるという。

とにかく、Sシリーズでは最大使用頻度のレンズである。
防振機構付きというのも大きいが、やはり簡易ハーフマクロ撮影が出来る点がスバラシイ。
近接撮影に於いては、フルサイズでマイクロフォーサーズライクな使用感。

次回はそのレンズの実写を見てみたい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031