ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Lumix S 24-105mm/F4 MACRO(実写)

Panasonic DC-S5,Lumix s24-105mm/4Macro

私の持っているフルサイズセンサーフォーマットのカメラを外に持ち出すときには、まず必ずと言って良いほどの使用頻度を誇るレンズである。

Lumix S 24-105mm/F4 MACROは広角端24mmからの4倍率強のズームレンズでありながら、ハーフマクロ的な撮影が可能で、しかも手ぶれ補正まで付いているというバリューセットの様なレンズ様なのだ。

DC-S1,Lumix S24-105mm/4Macro,伊豆
Panasonic DC-S1 + Lumix S 24-105mm/4Macro

写りは思っていたよりも優等生だ。
こういうレンズは望遠端がやや甘くなることがあるが結構頑張っている。

DC-S1使用時にはこのレンズの組み合わせであっても重量やサイズが弩級で厄介だったが、コンパクトなS5が発売されて一気に実用性のある組み合わせに生まれ変わった。
開放からコントラストも色のりもバッチリだ。フィルム時代のレンズからするとすごい進化である。

Panasonic DC-S1,Lumix S24-105mm/4Macro,伊豆
Panasonic DC-S1 + Lumix S 24-105mm/4Macro

近接撮影もワーキングディスタンスが10数cmあるので非常に撮影しやすい。
シンクロさせるDual I.S.2もシフトブレに対応しているようなので安心感たっぷりである。

ボケは若干硬めであるが、二線ボケ傾向も少なく素直なボケ方をしてくれる。
ちょっとぽっちゃりなボディではあるが、愛着を持って使っているとそれなりに可愛く感じる様になるのも不思議だ。
ちょっとだけボケの硬めなクセがあるけれど、とても素直でオールラウンダーな良いレンズである。

欠点は便利すぎて、つい他のレンズの使用頻度が落ちてしまうことだ。(^^)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031