ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Panasonic S 20-60mm/3.5-5.6(SPEC)

EOS M6 MarkIIが戻ってきたので、早速レンズ記事を書いてみたい。
液晶の感度も悪く、背面ボタンも反応悪かったのが嘘のようにサクサク動く。
ありがたみを感じながら早速始めたい。

今回は昨年の夏に発売になったS20-60mm/3.5-5.6についてである。

軽量コンパクトなこのレンズの特徴は、なんと言っても広角端が20mmスタートであると言うことだ。
明るさはF3.5-5.6と汎用標準ズームクラスなのだが、広角端が20mmという超広角域を有する標準ズームである。
今のトレンドは24mmスタートなのだが、僅かこの4mmの差は実に大きい。
その分、遠位端は60mmとやや短い焦点域になっている。

サイズはφ77.4×87.2mm、重量は350gとかなり軽量である。
明るさはF3.5-5.6とやや暗いが、このサイズと軽量さを得るためならばこのくらいのことは受け入れたい。

フィルター径は67mm、絞り羽根は9枚。
鏡胴表面はプラスチッキーであるが、梨地の表面処理が行われているため見た目の高級感はある。

ズーミングによって3cm余り伸びるが、デザイン的には問題ない。
たまにキノコの様な出で立ちになるズームレンズがあったが、最近はそういうのは見ませんねえ。
このレンズ自体には防振機構は付いていないが、遠位端が60mmまでなら付いていなくても問題ないであろう。
ボディ内の手ぶれ防止で十分すぎる。

最短撮影距離は可変で、26mm域では15cm、最大撮影倍率は0.43倍。
ちなみに60mm域では40cm、最大撮影倍率は約0.2倍。
つまり広角側でマクロ的撮影が可能になる。

このズームの利点は広角ズームを減らすことが可能な点だ。

広角ズーム+標準ズーム → S20-60mm/3.5-5.6

と、レンズ本数をまとめることが出来る。
もちろん、20mmでは広角域が足りないと感じる人ならば、やはり別途広角ズームを用意されるのが吉であろう。

広角ズームが苦手な私は、この20mmという焦点距離は広角としてドンピシャなモノであり、S20-60mm/3.5-5.6様々であると感じている。

ただ、このズームの唯一の不満が広角マクロであり、パースの付きやすい広角マクロは撮影状況を選ぶ可能性がある。
個人的に近接撮影は遠位端を使用することが圧倒的に多いので残念なポイントだ。

まあ、この欠点を解消とまでは行かないが曖昧にさせる方法として、クローズアップレンズを使うという手がある。
デメリットは僅かな画質劣化であるが、手軽さはレンズ交換の比ではないため最近はクローズアップレンズ愛用しまくりである。

次回はS20-60mm/3.5-5.6の実写である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031