ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Panasonic S PRO 16-35mm/4(実写)

Panasonic DC-S5+Lumix S PRO16-35mm/4

先日の続きである。
広角ズームの最近のトレンドはワイド端が14mmスタートなものが多いが、こちらはデジタル化以来のデファクトスタンダードな16mmスタートだ。

ちょっと太め寸胴な鏡胴であるが、フィルターのつけられる77mm径なのでカメラバッグにレンズを収納するには具合がよろしい。

Panasonic DC-S1+Lumix S PRO16-35mm/4,中目黒,桜
Panasonic DC-S1+Lumix S PRO16-35mm/4

カリカリに写るレンズではないが解像感は非常によろしい。
コントラスト・色のりともに最新レンズらしく文句のないレベルだ。
さすが”PRO”が付いているだけあってお品のいい写りをする。

これらの写真には周辺光量補正がかけてある。
補正をOFFにした場合、開放では四隅に結構ビネッティングが目立つ。
F8くらいまで絞るとビネッティングはほぼ消失する。

個人的には、もう補正かけまくりである。
デジタルの恩恵として補正はすべてありがたく受け入れている。

Panasonic DC-S1+Lumix S PRO16-35mm/4,中目黒,桜
Panasonic DC-S1+Lumix S PRO16-35mm/4

25cmまで寄れて最大撮影倍率は0.23倍。
接写が可能で焦点域も35mmまであるため、これ1本の所持でもなんとかなる便利ズームである。
さすが広角ズームなので、ボケはとろける様にとはいかず若干固さがある。

前玉はフィルターがつけられるので安心して接写できる。
ガラスモールド前玉での接写だと、タンクトップでイバラの中に入るみたいでなんか落ち着いて撮影できない。

Panasonic DC-S5+Lumix S PRO16-35mm/4,たまプラーザ
Panasonic DC-S5+Lumix S PRO16-35mm/4

パナソニックのズームレンズは比較的寄れるタイプが多いので非常に好ましい。
レンズ交換が減るので子供連れには都合がいい。

本来はマメさを持ってレンズ交換することが写真の上達につながるのであろうが、小さい子供がいるとそうはいかない。
そういう点からも個人的にパナソニックのレンズは非常に私に合っている。

長らく付き合っていきたい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031