ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Panasonic DC-S5,Leica APO Summicro SL 50mm

キヤノンやNikonでは廉価な50mmと言ったら50mm/F1.8がある。
軽量でコンパクトな、いわゆる”撒き餌レンズ”である。

このLeica APO-Summicron-SL50mm(以下アポズミSL50とする)は、そんなレンズよりも若干暗めでありながら50mm/F1.4クラスのサイズと重量を持つ異色のレンズだ。

ライカではこのズミクロンレンズをプライムシリーズと呼んでいる。
優れた光学性能とコンパクトさを両立させたモデルなのだという。
コンパクトさと一緒に軽量も実現してくれたらもっとありがたかったのだが。

Panasonic DC-S5 + Leica APO Summicron SL 50mm,七五三
Panasonic DC-S5 + Leica APO Summicron SL 50mm

とにかくよく写る。
軽い写りではなく結構濃厚な感じだ。
色のり、コントラスト、解像感など全く文句ないレベルに仕上がっている。

値段以外にも、ガラスの固まりの様な重量があるのでホールディングはしっかりとしておきたいところだ。

Panasonic DC-S5 + Leica APO Summicron SL 50mm,七五三
Panasonic DC-S5 + Leica APO Summicron SL 50mm

カリカリに写るレンズとは一線を画す。
解像度が悪いという感じではなく、上品で繊細な描写といった雰囲気だ。

接写での最大撮影倍率が0.2倍ということから、疑似マクロ的な使い方は苦手である。
ボケはクセのない自然な感じの美しさがあり、やり過ぎ感の無いところが好感が持てる。

Panasonic DC-S5との組み合わせも上々である。
王道としてはSLボディが宜しいのであろうが、メインであるLumixレンズとのシンクロ防振機構を使いこなすにはPanasonicボディの方が都合が良い。
まあ言い訳云々より、SLボディでは先立つものを用意する方が大変なのだ。

アポズミSL50は万人にお勧め出来るレンズとは異なるが、人物描写では私はコレ一本で良いのではと思わせるほどのインパクトを持つレンズだ。
当初はアポズミ35SLの下取りに使おうかと思っていたが、いまや重要レンズの一角を担っている。
触れたら最後、プライムシリーズを揃えてみようかと思わせるパンドラの箱的な、カースレンズと言っても過言ではないマジでやばいレンズだ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031