ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

EF-M32mm/F1.4 STM(実写)

EF-M32mm/1.4STM

先日の続きである。
APS-Cセンサー対応のコンパクトなハイスピード単焦点換算51mmレンズだ。
F1.4という明るさから被写体を浮き上がらせ、背景を大きくぼかすことができる。

スナップショットにポートレイト、標準域単焦点という点から汎用性は非常に高い。
軽量である部分も好印象だ。

Canon EOS M6 MarkII+EF-M32mm/1.4STM,庭
EOS M6 MarkII+EF-M32mm/1.4STM

写りは色のり、解像感、コントラストと申し分ない。
おそらくEF-M純正レンズでは最も高性能レンズではないかと思われる。

解像感はカリカリな描写というわけではなく、ソフトという感じでもなく、キヤノンらしい中庸と言ったところか。

Canon EOS M6 MarkII+EF-M32mm/1.4STM,カメムシ
EOS M6 MarkII+EF-M32mm/1.4STM

接写では0.25倍まで大きく撮影できる。
さすがにマクロ的な感じは無理であるが、ほどよく接写が可能なので使い勝手は良好だ。あともう一押し大きく写せればと思う。

開放値F1.4というレンズ、そして最短撮影距離が23cmということから大きくぼかすことが可能である。
ただ、このレンズとEOS Mボディの組合せは防振機構がないため注意を要する。

このレンズはEOS Mを所持するときには是非持って頂きたいレンズの筆頭だ。
焦点域は異なるが、EF-M22mm/F2.0よりワンランク上の描写が可能である。

繰り返しになるが、願わくば最大撮影倍率が0.3倍くらいまで高ければ文句ないのであるが・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031