ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

EF-M32mm/F1.4 STM(SPEC)

EF-M32mm/1.4STM

久しぶりのレンズシリーズである。
今回はキヤノンEF-MマウントのハイスピードレンズであるEF-M32mm/1.4をいってみたい。
35mm換算にすると約51mmの標準域レンズだ。

数少ないEF-Mレンズの中でAF単焦点では最高のF1.4という明るさを持つ。
APS-Cという小型センサーにおいて明るいレンズというのはISO値とシャッター速度を稼げる優位性を持つ。
そんあレンズについて記事を書いてみたい。

EF-M32mm/1.4STM

サイズはΦ60.9mm×56.5mm。ぐい飲み程度の大きさだ。
重量は235gとAPS-C対応標準ハイスピードレンズとしてはまあまあ。

先にも述べたが35mm換算では51mm/F1.4となる。
結構コンパクトな標準単焦点だ。

EF-M32mm/1.4STM

フィルター径は43mm。
コンパクトなのでお財布に優しい。
絞り羽根は円形7枚絞り。

鏡胴はプラスチッキーであるが質感は結構よい。
ピンとリングも上品ななめらかさだ。

インナーフォーカスではないのでフォーカシング時に鏡胴が1cmほど伸びる。
フォーカスも劇速ではないが、撮影距離範囲切り替えスイッチ付きなので高速な動きものでなければ実用性である。

EF-M32mm/1.4STM

最短撮影距離はAPS-Cセンサーらしく23cmとかなり寄れる。
最大撮影倍率も0.25倍とフルサイズセンサーよりも大きく写せる。

こういう点がコンパクトセンサーの長所でもある。
普段使いの接写では問題なく使えるが、マクロ的に使うにはかなり厳しい。

とにかく純正EF-Mレンズでは珍しいハイスピード単焦点である。
APS-CセンサーでISO値を稼げるレンズは貴重だ。
次回はこのレンズの実写である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031