ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

EF-M 28mm F3.5 マクロ IS STM(SPEC)

ブツ撮り撮影で役立っているEOS M6 MarkIIであるが、比較的コンパクトなボディとマイクロフォーサーズより大きなラージセンサーを有しているミラーレスなので、いくつかのレンズを購入してカメラシステムを構築している。

今回は焦点域28mm(35mm換算で約45mm)F3.5のマクロレンズを書いてみたい。
このレンズは沈胴式のレンズで、明るさをF3.5と控えめに設定してあるため換算で標準域のマクロレンズとなっているが極めてコンパクトに落ち着いている。
最大の特徴は、なんと言っても接写時に有効なレンズ先端LEDライトが装着されていることだろう。

収納時のサイズはφ60.9mmx45.5mm、重量は130gと極めて軽量だ。
ポケットに忍ばせても重さで気になることはないだろう。

レンズ鏡胴はプラスチック製で、使用時はEF-M11-22mm/4.5-5.6IS STMと同様、沈胴している鏡胴をスライドさせて使用可能とさせる。
またスーパーマクロモードに設定することで、等倍を超える撮影倍率を1.2倍まで上げて撮影することが可能だ。

通常撮影では最短撮影距離は9.7cm、最大撮影倍率は1.0倍。
ワーキングディスタンスは2cmほど。
スーパーマクロモードでの最短撮影距離は9.3cm、最大撮影倍率は1.2倍。
ワーキングディスタンスはほぼ同じ。

フィルターサイズは43mmとなっているが、保護フィルターを付けるとレンズ鏡胴を繰り出すことが不可能になるため、LEDレンズ内側の直径22mmのネジ切り込みに装着するととになる。
その場合、レンズキャップがまともに取り付けられなくなるので、個人的にはこのレンズに保護フィルターは取り付けていない。

レンズに手ぶれ補正効果3.5段分の防振機能が装着されている。
手持ちでの接写手ぶれを抑えるハイブリッドISも付いているとか。

レンズ基部にはLEDライトのスイッチボタンがあり、接写時のレンズの影を取り除くことが出来る。
これが非常に便利で、接写時だと簡便なキャッチライトも可能だ。

比較的廉価なレンズである分、マウント部は残念ながらプラスチック製だ。
まあ、プラス1本の追加レンズとして考えるならこのプラスチック化による重量軽減は非常に有り難い。

次回はこのレンズの実写である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031