ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

EF-M 11-22mm/F4-5.6 IS STM(SPEC)

Panasonic DC-S5+Lumix S24-105mm/Macro,EF-M11-22mm/4-5.6ISSTM

EOS Mは初代機から使用している。
当時はEOSのフルフレームDSLRを愛用しており、センサーの一回り小さいAPS-Cとはいえ
キヤノン初めてのミラーレスということもあって飛びついたのだ。

EOS Mのレンズ群は大口径化をすること無く、小型・軽量に重きを置いたミラーレスの長所を引き立てたレンズシステムとなっている。

その中でも広角ズームであるEF-M11-22mm/4-5.6は、EOS Mの小型ボディを生かして旅行や登山などでも非常に使いやすいレンズなのだ。
換算で18-35mm/F4-5.6となる。
EF-Mレンズでは外せないレンスであろう。

サイズはΦ60.9×58.2mm、重量は220gとコンパクトで且つ軽量である。
EOS Mのレンズは鏡胴をプラスチックにすることでレンズの重量をかなり抑えている。
ちなみにこのレンズのマウント部は金属だ。

また使用時は鏡胴のスライドレバーをずらして回転させ、鏡胴が伸びることで撮影可能となるいわゆる沈胴レンズとなっている。

レンズ先端がピントリング、その手前にズームリングとある。
ともに適度なフリクションがかかり、使い勝手はまあまあ。

絞り羽根枚数は7枚の奇数、またフィルター径は55mmである。
前玉はガラスモールドタイプでないのでフィルターが取り付けられる。ありがたい。

最短撮影距離は15cm、ワーキングディスタンスは僅か6cm。
最大撮影倍率は0.3倍である。
テレ端で使用すれば、普段使いの接写で不満なく撮影可能だ。

しかも、このレンズには広角ズームでありながら手ぶれ補正機構がついている。
広角ズームでありながらコンパクトで軽量、さらに寄れて手ぶれ補正付き。
まさに至れり尽くせりな幕の内レンズ。

次回はこのレンズの実写である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031