ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Panasonic DC-S5+Leica DG Elmarit200mm/2.8,皆既月食

結論から言うと失敗である。

天気が宜しくなかった。
ずっと曇りがちで、部分食の開始から皆既食まで全く月の位置を把握できない状態だ。
食があけて、月の明るい部分が多く増えてきたところでようやく月の位置が確認できたのだ。

季節がら、満月の南中高度が低すぎて、元から撮影条件は極めて低いと言わざるを得ない。
しかも食が月の入りから開始というビハインドが強すぎる。
赤銅色の月は今回は見ることは出来ずに終了した。

取り敢えずおぼろ月の状態を撮影しておいたのが冒頭の月なのだ。
地球の影が月面に当たっているのが辛うじて分かる。

露出を上げて影部分を赤くしようとしたらまるで解像感が得られない状況だった。

Panasonic DC-G9 PRO+M.ZD ED300mm/4IS PRO+MC-14,皆既月食,スーパーブルーブラッドムーン
Panasonic DC-G9 Pro +Olympus M.ZD ED300mm/4.0 IS PRO + MC-14

因みにこれは3年前の1月に撮影したスーパーブルーブラッドムーン。

地球に最接近した普段より大きな満月であるスーパームーンで、さらに一ヶ月に2回目満月のあるブルームーンで、加えて皆既月食中の地球照による赤銅色のブラッドムーンの3つからなる月という中二病的なネーミングを持つ。

この時は1月で月の高度が高く、大気層が薄かったので非常にクリアに解像感高く見ることが出来たのだ。
やはり月食は冬だなあ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031