ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

大仰なタイトルを付けたが大した内容はやっていない。
先日行ったパナのS5とソニーのa7Siiiの簡単な総括である。

まあ、露出時間も最長で30秒などというテストなので、フルサイズセンサーでは明らかな比較は無理であろう。
それでもISO感度を3200、露出時間を30秒の状態で比較してみたいと思う。

データは上半分がパナS5、下半分がソニーa7Siiiである。

この状態では全く差が分からない。
露出時間を5分とか10分取れば良かったのであろうが、自分のシチュエーションではまずやることはないので、取りあえずあるデータで判断していこう。

露出を+3.0まで上げてみると、カラーノイズが目立ち始める。
ここでははっきりとはわかりにくいが、S5の方が微妙にノイズが多い。

隅角部をトリミングしてみた状態だ。
a7Siiiの方は小さなびまん状のアンプノイズのようなhofが散発してみられる。
S5にもあるが、数は少し少ないようだ。
排熱機構が原因だろうか。

どちらが優れているかといえば、ソニーα7Siiiの方が優位性は高いと思う。
やはりカラーノイズの少なさは特筆ものだし、レンズの種類の多さ、何より天体撮影現像ソフトに対応しているボディ機種が多いことがスバラシイ。

ただ、長時間の連続撮影した場合の熱ノイズがセンサーにどのくらいの影響を与えるのか、また長時間撮影時にカプラを確保できないことは心配だ。

取りあえず、今度はソニーで撮影してみようと思う。
次はしし座かふたご座かな。
ふたご座は三大流星群の一つだけど、今年は月が大きいんだよねえ。

うーん・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031