ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

遅い流星群

流星群は極大期の2日前後まで確認出来るというので、雲のない快晴の2日後にもう一度撮影してみることにした。

Panasonic DC-GH5+Leica DG Vario-Summilux 10-25mm/1.7

この日は東京の夜にしてはかなり星が見えている。
しかし、すぐそばには満月に近い月が煌々と輝いているので、撮影条件としては非常に悪い。
まあ、せっかくなので連写モードに切り替えて、レンズをオリオニッズに向けてトータルで200枚弱ほど撮影した。

Panasonic DC-S5+Leica APO Summicron SL 35mm

1枚ずつ確認したところ、なんと上部やや左に1枚だけ立派な流星が写っていた。
まあ、ピークはこえているので仕方ないであろう。
一応、最初の目的は達せた。

Panasonic DC-S5+Leica APO Summicron SL 35mm

もう一枚は人工衛星の輝線の上方、ベテルギウスに重なるように暗いちっこいのが写っていた。
しかし、人工衛星はやっかいだなあ。

Panasonic DC-S5+Leica APO Summicron SL 35mm

人工衛星の輝線を重ねるだけでこれだけ通過しているのだ。
やっかいだなあ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031