ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

過去に使っていたバックアップ用の外部記憶装置はHDDによるRAID1を使用していた。
自宅用NASでもこのRAID1をHDDで活用している。
ミラーリングと言われるRAID方式であるが、書き込みに時間がかかることが欠点だ。

なので今回は初めて高速アクセス可能なRAID0をSSDで構築してみることにした。
複数の外部記憶装置を組み合わせることで大容量化が可能なのだ。
欠点は1台でも外部記憶装置が壊れるとこのRAID0はデータを失う。
そこで耐性の高いSSDをチョイスすることにする。
箱はTERRAMASTERのTD2 Plus3を用意した。

まあ、RAID0はバックアップシステムとしては推奨されていないが、対性の高いSSDを使用することと、なるべくRAIDデバイスにアクセスを控えることで対応していこうと思う。

とりあえず取り付け方が謎だ。
説明書が入っていないのでネットで検索すると動画でトレイの着脱設定法がアップされていた。

2.5インチSSDなのでHDDトレイの所定位置にスクリュードライバーで固定する。
箱の中に小さいもドライバーが同封されているのはありがたいが、最終的にゴミになるからもったいない気もする。
取り付け位置を間違えないようにしたい。

HDDトレイを押し込んでからロックして完了である。
プラスチッキーなので激しく押し込むと壊れそうだ。
背面のダイヤルをRAID0に合わせて設定終了のようだ。

TD2 Plus3はThunderbolt3に対応している。
高速データ転送可能なThunderbolt3だからこそRAID0で設定してみた。
PCにもThunderbolt3カードをインストールしてあったので、ここは是非とも活用してみたかったというのも事実なのだが。

さて、データ転送はどのくらいかかるのであろうか。
HDDのRAID1へのデータ転相は洒落になってなかったから今回は期待したい。(^^)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031