ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

天気のいい日は二階にあるベランダへ、イレ様を日なたぼっこに出している。
先代茶トラネコもよくやっていた。
先代ネコは出すと直ぐさま転げ回っていたが、さすがペディグリーなイレ様はそのようなことはせずに、いつもの日陰ポジションに香箱座りで陣を取る高貴なお嬢だ。

今日もイレ様をベランダから回収しようと扉を開くと、何か黒い物体がイレ様の前に落ちている。
なんだアレは?とのぞき込むと、それは巨大な4、5cmもある立派な”G“であった。

とうに息絶えているようで、よく見れば数本の手足が千切れている。
なに?イレ様?チミがやったのかね?
ちょっと御下品な行為はやめて頂けませんかねえ。
引きつりながら”G“をティッシュで処分しようと手を伸ばしたら、イレ様から不意を付く猫パンチで威嚇された。

あぶねー!

G“を潰したと思われる肉球に手が触れるかと思ったー!
イレ様を抱えて二階のベランダから出ると、すれ違いの嫁さんに詳細を伝えて”G“の処分をお願いした。

私が風呂場でイレ様の手を洗い終えてベランダに戻ると、嫁さんと次男坊と娘がじゃんけんをしていた。
どうやら”G“の処分を巡り、担当を決めているようだ。
嫁さんがババを引いたようで、非常に引きつっている。

どうせさっき自分がかたづけようとしていたのだから私がやると、さっきのティッシュをもう一度取り出した。
嫁さんからはメチャ感謝されたが、まあ一家の大黒柱としては当然であろう。
よく感謝したまえ。
そう思いながら男らしく”G“をティッシュでサッとすくい取ると、突然隙を突いてイレ様が”G“入りティッシュに飛びかかってきた。

空を舞うティッシュと飛び散る”G“。
嫁さんの1オクターブ低い絶叫が響く。
いい加減にしてくれませんかね、チミは。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031