ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

ブログタイトル

ネコ,シンガプーラ

我が家には初代とは血がつながってはいないが2代目のネコがいる。

初代は、実家の私の部屋に忍び込んだ野良猫が産み落とした一匹だ。
オスの茶トラで実家からはゴツいネコだと散々な言われようだったが、私はそんなことはないと茶トラを溺愛していた。

茶トラが他界した後に、次男坊の受験終了ともにやってきたのは女の子の短毛種シンガプーラである。

ネコ,シンガプーラ
Panasonic DC-S5+Leica APO-summicron SL35mm/2.0

大きな瞳と独特の佇まいを持つ。
ペットショップではオスのミヌエットと悩みまくってこちらのメスにした。
この子の顔を見ていると、前の茶トラは確かに顎が大きくてゴツかったなと再認識させられた。
ごめんよ、茶トラ。

巷ではシンガプーラは小さな妖精と言われているようだが、飼い始めて別の意味で納得できた。
RPGに出てくるような清楚でかわいい妖精ではなく、高機動でいたずら好き、大食漢のお転婆妖精である。グリム系のリアルな妖精だったのだ。

そんな仔猫ちゃんでも一緒に暮らしていると徐々に家族とも気持ちが通じ合ってくる。
膝の上に乗ってきたり、布団の中に入ってきたりとなかなか可愛げがあってよろしい。
早くも私は骨抜きにされつつあるようだ。

ブログタイトルはその愛猫シンガプーラからシンプルにぷら小屋とした。
変に変化球を混ぜない直球勝負のタイトルである。
まあ、前回も同じような感じなので今回もそんな感じでまったり行こうと思う。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031