ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

セミポジション

このところ連日の雨に悩まされていたが、ようやく一時的にやんだので職場で取り替えるアンダーシャツを買いに街へ出かけた。
買い物も久しぶりだ。

8月も半ばに入ってくると、僅かでも雨がやむと直ぐさまセミが鳴き始める。
まあ、セミは屋外で活動できる期間には相当なビハインドを持っているので、セミも必死なのであろう。

セミと言えば、前からセミの止まるポジションに気になるところがあった。
夏の初期、7月頃のセミは木や電信柱でも高いところに止まって鳴いている気がする。
対して夏も終わりが見えてくるお盆の頃になると、セミたちは手でも捕まえられるポジションにまで降りてきている気がするのだ。
特にアブラゼミにその傾向が強い。

絶対的にそういう傾向があるというわけではないのだが、子供の頃からちょっと気になっていたのだ。
セミの鳴き始めた夏休み初頭では、セミが高く捕虫網を持ち出してもまず空振りである。
しかし、夏休み後半は鬼のように取れるのだ。

もちろん、セミの密度が高くて木の下の方に止まるという理由かも知れないし、元気のないセミが増えてきて、高く飛べないそういうのが下に止まるのかも知れない。

まあ、気のせいかも知れないが、一応備忘録として残しておこう。(^^)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031