ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

EOS M6 MarkII+EF-M28mm/3.5Macro IS STM,カタバミ

何気なくちょっと見てしまうTV番組に警察24時がある。
出先で客人を迎えたときにTVでこの番組を放映していたら、相手とは話半分で耳だけTVに集中していたこともあった(笑)。

この中でも自動車警ら隊の職質シリーズが興味をそそる。
パトカーを確認した被疑者の僅かにみせる拒絶的な反応を見抜いて警ら隊が職質をかけるのだ。
すごいモノだなと感心させらた。

先日、仕事帰りに帰宅方面の交差点に信号で止まっているパトカーを見つけた。
ふと、自動車警ら隊の話を思い出して、何気なくアクターよろしく視線を僅かにそらしてみたのだ。

・・・。
そういえば、最近この時間だとスーパーも既に閉店しているので、飲み物買うならこの位置からだとコンビニか自販機だな。
そうだ、自販機が交差点を右に曲がったところにあったな・・・・。と、すっかりパトカーのことを忘れてその自販機へドリンクを買いに交差点を右に曲がった。

暫く進んで自販機を前にしてからポケットに手を入れコインをまさぐった。
・・・あれ?ないぞ。財布を職場に忘れたかな?

どこかポケットか鞄に小銭がなかったかなと体のあちこちを確認しながら何気なく後ろを振り返った。
するとそこには先ほどのパトカーが私の正面の反対車線に対峙する様に停止していたのだ。

ギョッとして、先ほどパトカーから目をそらした事を思い出した。おそらく警察官は私のイレギュラーな行為を察知して不審者と認識したのであろう。
焦る。変なことしなきゃ良かった。
これではまるでパトカーを意識して自販機を利用しながら敢えて背を向けて顔を隠していたみたいではないか。
これでドリンクを買わねば職質を食らうのは間違いなさそうだ。

異様な雰囲気を醸し出す窓の閉まったパトカーと正面で対峙しながらアタフタと財布をまさぐる。
パトカーの中からメチャこちらを突き刺す視線を感じる。
ヤバい。身分証明する免許も財布の中だ。多分、職場に置きっぱなしになっている。

呆然とする私に対してまだパトカーはじっと停止したままこちらを伺っている様だ。
だめだ。財布も小銭もない。詰んだ。
私は力なく愛想笑いを浮かべてパトカーに向かい会釈した。

すると、暫くしてからスルスルとパトカーが動き出して向こうへ行ってしまった。
え?あの状態で職質しないの?

帰宅してからで嫁さんにこの話をしたら、私の持っている雰囲気ではないかと言われた。
うーん、確かに私は今まで職質をされたことはないなあ。
今回のケースも私に後ろめたいことはないもないので、ある意味警察官の見る目は間違いなかったことになる。
その観察力には本当に驚かされる。
ただ、忙しい警察官の仕事のリソースを割いてしまっことは本当に申し訳なかったと思う。

高校時代の友人は、一緒に歩いてても彼だけよく職質されていたなあ。
いったい何が違うのだろう・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031