ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

このあいだ、新しいカメラシステムを導入した。
ソニーのEマウントカメラ、α7SIIIである。

実は以前にもソニーのEマウントカメラを導入したことがある。
4年前にα7SIIを使用していた。
当時はフルサイズミラーレスの選択肢が他になく、同スペック一眼デジカメ(DSLR)の重量にも少しストレスがかかっていたために、レンズも揃ってきていたEマウントに移行してみたのだ。
結局はパナソニックからLマウント対応ミラーレスが発売されたためにα7SIIは手放すことになった。

久しぶりのソニー機である。
α7SIIIは高感度撮影に特化された動画・スチル兼用機だ。
室内での動画を含む子供撮影・ペット撮影に活用できそうだ。
メニューも刷新されて別物のようだ。
心なしかSIIに比べてデブった?

以前のソニーレンズはマクロレンズを除くと近接撮影が不得手なものが多かったと感じられた。
ところが最近のEマウントは、サードパーティーレンズを含めて近接撮影に長けているのが増えてきているのもありがたい。

Sony a7SIII+Carl Zeiss Batis40mm/2CF

ボディ内に防振機構が付いているが、パナソニックのSシリーズに比べると少し弱いように感じる。
だが、ISO40万オーバーの高感度撮影可能なスペックを持っているので、少しシャッター速度を上げて対応すれば問題なさそうである。

この使い方だと明るいレンズが必要になるだろう。
レンズシステムの軽量化を重視している私としては極端に明るいヘビー級レンズではなく、バランスの取れたレンズで簡単なシステムを構築したい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031