ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

マイカメラシステム(フルサイズ編)

カメラ,Panasonic DC-S5

私のカメラシステムはセンサーサイズ別に複数ある。
フルサイズセンサーとAPS-Cセンサーフォーサーズセンサーのミラーレス3種だ。

状況に応じて使い分けている。
使わないシステムが出てきたら手放すことも考えているが、意外にもうまい具合にローテーションされているので今のところはこのまま行くつもりである。

まずはPanasonicのDC-S5、パナ初の巨大だったフルサイズミラーレスS1からの買い換えである。
一気にコンパクトになって撮影モチベーション上がりまくった。
フルサイズセンサーのミラーレスは背景を大きくぼかしたいときや、大きなイベント事に持ち出すことが多い。
高感度のノイズ耐性も高いために薄暗いところでの使用にも適している。

とにかくボディが小さくなって非常にうれしい。マイクロフォーサーズのG9-Proと間違えて持ち出すほどだ。

七五三,娘,嫁
Panasonic DC-S5+Leica Summicron SL50mm/2.0

どのようなシチュエーションにも対応できるが、やはりセンサーサイズ故のレンズシステムが大きいのが欠点だ。
AFがほぼ完成している位相差ではなく、動画に強いコンティニュアスAFを使用しているのが面白い。
被写体によっては若干迷うことも見られるが、私の使い方では位相差AFに切り替えるほどの重大さはまだ見られていない。

またパナの画像エンジンから出される色は他社に比べて非常に好みである。
この理由だけで私はPanaを使っていると過言してもいいくらいだ。

ボディ内防振機構を有しており、レンズに手ぶれ防止機構が搭載されていればシンクロさせてより高い防振性能を発揮できる。
パナの防振機構の発達は目覚ましい。フォーサーズ時代のレンズ内手ぶれ補正は効果が出ているのか「?」レベルであったが今は違う。GH5辺りから劇的に変化してきた。

パナソニックのレンズはマイクロフォーサーズのものを含めて、比較的寄れるレンズを設計してくれる。
私にとっては”寄れるレンズはいいレンズ”と言うこともあるのだが、今後もパナソニックはこの路線を引き継いで頂きたいものである。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031