ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Pananonic S 70-300mm/4.5-5.6 MACRO(実写)

Panasonic,S-5,S70-300mm/4.5-5.6MACRO

最短撮影距離の短い望遠ズームがこんなにも使いやすいとは思わなかった。
標準ズーム感覚で近くの被写体の撮影が撮影可能なのだ。

70mm域でワーキングディスタンスが35cm、旅行先で食べる食事の盛り付けを撮るには十分であろう。
300mm域でワーキングディスタンスが50cm、植物や生き物に対する簡易マクロにも問題無く適応出来る。

Panasonic DC-S5 + Lumix S70-300mm/4.5-5.6 MACRO

手ぶれ防止機能も無限遠・近接撮影と効果は十分に感じられる。
Dual I.S.2に変わってからPanasonicの防振機構は化けた。
フォーサーズ時代はお世辞にも手ぶれ防止スイッチ入ってる?というレベルであったが、マイクロフォーサーズに入りDMC-GX7以降から一気に実用性が高まってきた感じがする。

70-300mmレンズとしては大きめの77mmのフィルター径を持つ。
S Pro70-200mm/F4と比べても、鏡胴は一回り太い。

Panasonic DC-S5 + Lumix S70-300mm/4.5-5.6 MACRO

しかし全長が17cmと比較的コンパクトにまとまっており、一見して大柄なレンズという印象は与えない。

写りは定評のあるPanasonicレンズだけあり、色のり・解像感と全く問題は感じられない。
またフォーカシングのアルゴリズムが改良されたのか、思ったところにフォーカスが当たる頻度が高くなったと感じられる。

Panasonic DC-S5 + Lumix S70-300mm/4.5-5.6 MACRO

マクロ領域も望遠特有の圧縮効果が相まって結構本格的だ。
パナのレンズを使う様になってから、マクロレンズの必要性が低下してしまっている気がする。
私の手持ち撮影ならハーフマクロがベストであろうし、ボケ云々に拘りがなければズーム付属の簡易マクロでも代替出来るわけで、子連れで荷物は少なめにという私のスタイルから最近はマクロレンズの持ち出しが激減してしまったほどだ。

このように写り良し・接写よし・マクロ撮影可と良いことずくめのレンズなのであるが、販売価格が70-300mmズームとしてはちょっとお高めなのが欠点か。
S Pro70-200mm/F4の出番は激減しそうである。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031