ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

Nikon AW1+AW10mm/2.8,海

使う回数は非常に限られている。
まあ、だいたい夏旅行の水遊びか冬旅行でのスキーだ。

最近は落としても濡らしても平気ということからオリンパスのタフネスコンデジであるTGシリーズを使っていた。
以前はパナソニックのFTシリーズを愛用していたが、広角域の広さとレンズの明るさからオリンパスに切り替えたのだ。

Olympus TG-1,スキー
Olumpus Tough TG-1

防水タフネスコンデジは あればあったで便利なのだが、やはりセンサーサイズからくるコンデジ画像は等倍撮影で見るとテンションの落ちる画質である。
しかし遠目で見れば結構いけるので、スマホと同様割り切って使用していたが、ネックはやはり使用頻度だ。

だが、この春に息子が仕事で生態系の記録に使うという理由からTG-6を持って行ってしまった。
なので今、手元には防水デジカメが存在していない。

まあ、ないならないでミラーレスの防滴で凌ごうかと思案していたら、生産中止になったNikonのレンズ交換式防水ミラーレスが新古品で安く売られていることに気がついた。

なので早速購入である。
Nikon AW1
1インチセンサーのミラーレスで、15mの防水能と2mの耐衝撃能を有する。

実はこの防水ミラーレスAW1は8年ほど前に一度購入している。
当時は山・海カメラとして使う予定であったが、その頃のメインマウントがDSLRだったためサブとして持つには大きすぎる所以、手放した経歴がある。

今回は当時に比べてメインシステムもコンパクト化を意識しているので、AW1を1個バッグに詰めても問題にならないであろう。

レンズも未使用品のAW10mm/F2.8(換算27mm/F2.8)が安く手に入った。
問題なのは消耗品であるレンズの防水シーリングゴムだ。
これが消耗して駄目になったら、すでに生産終了しているAW1を復活させることは難しい。

レンズは換算27mmのAW10mm/F2.8だけでいこう。
どこまで使えるかは微妙であるが、しばらくは家族撮影用の防水カメラとして頑張っていただこうと思う。
何しろハウジングなしでRAW撮影が可能な、現在唯一の防水ミラーレスなのだから。

あー、またマウントが増えてしまった。悪い癖が始まりそうだ・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031