ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

1 NIKKOR AW 10mm/F2.8(実写)

先日の続きである。
1NIKKOR AW10mm/2.8は35mm換算で約27mmの焦点域を持つ単焦点レンズだ。
コンパクトなので、鞄やザックに放り込んでもあまり邪魔にならないのが非常によろしい。

Nikon AW1+1NIKKOR AW10mm/2.8

Nikonレンズらしくカリカリ系に写るレンズである。
ただ、1インチセンサーという縛りがあるので、等倍で確認すると解像感は僅かに落ちる感じがする。
しかし、コントラストや色のりはさすがNikonレンズといえる出来映えだ。

Nikon AW1+1NIKKOR AW10mm/2.8

防水性能は15m、耐衝撃性能は2m、耐寒冷能は-10度まで耐えられるタフネスミラーレスである。
モード変更で細かい設定変更も可能だ。
レリーズケーブルが取り付けられないのが残念だが、カメラの特性上から端子カバーを開けっぱなしでの長時間使用は防水パッキンによろしくないから仕方がないであろう。

Nikon AW1+1NIKKOR AW10mm/2.8

手ぶれ補正はレンズにもボディにも付いていないが、タフネスミラーレスということから仕方のないことだ。
だが、換算27mmという広角系レンズであることから必要性を感じたことはない。

Nikon AW1+1NIKKOR AW10mm/2.8

個人的には陸上だろうが水中だろうが、とにかくサッと取り出してパッと撮れる超オールラウンダーカメラシステムとして愛用している。

懸案だったシールドパッキンのシールドゴム問題も解決したので、本体が壊れるまで使い続けることが可能だ。
防水能を維持させるためにも、定期的なメンテナンスも必要であろう。

ハウジングを使用しない実用的なサイズの唯一な防水ミラーレスなので大事に使っていきたい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031