ネコと家族とカメラの日記

menu

ぷら小屋

カメラバッグ

昔から使用しているカメラバッグがある。
一時的に別のバッグを使用したこともあったが、最終的にはこれに戻ってくる。
もう15年くらいは使っているだろうか。

プラダV166、メッセンジャーバッグとして販売されていたものだ。
購入した当時、まだカメラメーカーのカメラバッグは一見してすぐにそうだと思われるデザインのものが大半で、自分の嗜好に合うデザインはいつしかブランドものまでその範囲を広げてようやく見つけたものだ。
さすがに今こうして見るとただのカメラバッグである。

重視していたのはマチ幅で、最低でも12cmは必要だったがV166は13cmと辛うじてその条件をクリアしていた。
材質は硬質ナイロンで、購入した当時は多少の撥水は見られたが今は水滴をみるみる吸い込む(笑)。
ただ、生地そのものがかなり厚いので内部にまで漏水することは現時点でも一度もない。

購入した当時はまだDSLR主体だったのでカメラシステムが大柄だったが、大三元ズームをカメラにセットした状態であってもギリで収納可能なほど使い勝手はよろしかった。
材質の硬質ナイロンは強度もあり、レンズ同士が傷つかぬようにインナーを入れてもバッグの形が崩れることもなくカメラ散歩や旅先などで大活躍であった。

さすがに大三元セットを持ち歩いていた頃は肩にバッグが食い込んでいたが、今は持ち出すレンズは軽量化に努めているためバッグにも余裕ができて隙間だらけだ。

ブランドもののせいか、バッグは傷むことなく未だに現役で活躍している。
ちょっとお値段高めであったが満足度は非常に高い。
これからもレンズを複数本持ち出しの時には活用してきたい。

関連記事

    • コニー
    • 2021年 6月 11日

    カメラバッグっぽくないのがいいですね。
    カメラや付属品の中身だけで結構重くなるので、ナイロン素材でバッグ自体が重くなさそうなのも魅力的です(^o^)

    • コニーさん、こんばんは。

      もうずいぶん古いので、新しいものに変えようかとも思うのですが、現時点でこれを超えてくるバッグはまだ現れないですねえ。
      まあ、最近はチャリ移動が多いのでザックが増えてきましたが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031